(7) ボルボ850/V70 エアコン編2 エバポレーター&ヒーターコア

症状
エアコンが効かない→エバポレーターからのガス漏れ

ファンから送られた暖かい空気がエバポレーターを通過することによって冷却し、室内を冷房化しています。

ポーレンフィルターをつけていないと、エバポレーターが汚れる!という話は前回、ポーレンフィルター(エアコンダストフィルター)取付の段でふれましたが、これが汚れたエバポレーターです。↓直接外気を吸っているので・・・・、

 エバポレーター
ホコリから鳥の羽まで色々付着( ̄▽ ̄;)!!

この、ホコリなどが水滴とくっついて、カビが発生し、穴が開いてしまいエアコンガスが漏れる原因になります。

ちなみに・・・ですが、
ヒーターコア。エアコンユニットの中に配置されており、エンジン冷却水(温水)をヒーターコア内部に流し、 車室内空気を暖める役目を担っています。 経年腐食や亀裂により、冷却水漏れの原因となります。


そこで、 エバポレータ交換時には、ぜひ!ヒーターコアも一緒に交換をオススメします。ダッシュボードを外す作業になりますので、同時にやってしまった方がゼッタイお得です。

ヒーターコア

対策&予算  エバポレータ・ヒーターコア交換 約¥250,000〜 

コメント (2) | トラックバック (0)

コメント

和田さま
お問い合わせありがとうございます。
ガスが入っていて突然送風(冷気が出ない)になるのはおそらくコンプレッサーと思われます。
コンプレッサーの後部にある温度センサーがコンプレッサーのオーバーヒートを感知しマグネットクラッチをオフっているのでしょう。
応急的には、温度センサーをバイパスしてしまえばOKですが、基本的にはコンプレッサーの交換が必要だと考えます。
以上参考になりましたら幸いです。

投稿者 Cam's かさざき : 2007年08月22日 10:44

こんにちわ。はじめてメールします。16万キロのボルボ850エステートGLEクラシックに乗っています。定例のABSとTRC問題等850にありがちな修理を大金はたいてこなしてきました。さて,直近の修理はエバポレーターからのガス漏れによる交換でした。修理前の症状は,エアコンが効いたり効かなかったり・・・・。ボルボのエバポ交換は結構お金がかかると聞いていたので,二回ほどオートバックスでガス補充なども試みました。最初ガス補充に行ったときのオートバックス店員のコメント「ガスが全くないですね・・・」とのことでガス補充を依頼。一月ほどしてまたエアコンが効かなくなったのでオートバックへ。そのときの店員のコメント「ガスはまだあるようなんですが・・・」とりあえずまた補充。そこで教えてください!
ガスがあるのにエアコンが効かないとしたらほかに原因は何が考えられますか??症状は,「エバポレーターやその他ホースの交換をしたのにたまに効かなくなる,8割方よくエアコンが効いているのですが,たまに突然送風になる!←ここがポイント!,エンジンをリスタートするとすぐにまた効き始める!などなど」です。気温センサーとかコンプレッサーなどの問題なのでしょうか??教えてください。よろしくお願いします。鹿児島からです。和田。

投稿者 850 : 2007年08月16日 00:16

このエントリーのトラックバックURL

http://www.camsfactory.com/mt/mt-tb.cgi/134