カーボンクリーニング(燃焼室内洗浄)

燃焼室内洗浄により、燃費向上・有害排出ガス低減等効果

カーボンクリーニング(燃焼室内洗浄)


eco_power04.gif
エンジン内部は複雑な構成になっています。長期間使用したエンジンの内部には、ガソリンが燃焼する際に生成されるカーボン(スス)やスラッジ(古くなったオイルの沈澱物)などが多く堆積し、汚染が進行していきます。内部の汚れは燃焼状態の悪化を招き、エンジン性能の低下、有害ガスの発生、燃費の悪化、環境性能の低下を招きます。

カーボンクリーニングは簡単に説明するとインジェクターと燃焼室のクリーニングマシーンで、インジェクターからガソリンと専用溶剤を噴出させ、エンジンをRUNさせながら洗浄するシステムです。エンジンを分解しないので、短時間で洗浄が完了します。
それにより、新車時の高い燃焼効率を取り戻し、エンジン寿命・燃費の向上・アイドリングの安定・出力の向上などに効果があります。
また、有害な排出ガスの低減や燃費効果を維持するには、走行2万Km毎でのエコパワー実施をオススメします。

eco_power01.jpg

eco.jpg

inject.jpg
カーボンクリーニング施工料金(税抜表示)
4気筒
5・6気筒
8気筒
12気筒
19,000円
21,000円
23,000円
30,000円

エンジンオイル及びエレメントを交換する必要があります。
 
eco_power03.jpg

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://www.camsfactory.com/mt/mt-tb.cgi/740