最高の磨き技術から生まれる、美しいコーティング

[コーティングのメリット]

コーティングには、繊細でキズがつきやすい車の塗装面を保護し、汚れを付きにくくする役割があります。愛車にコーティングを施せば、洗車の頻度を減らすことが可能です。一方、頻繁に洗車をする方にも、コーティングをおすすめします。洗車は、塗装面をこするため、どうしてもお車に細かいキズを付けてしまいます。そこで、コーティングで保護しておけば、安心して洗車ができます。

コーティングは、お車を汚れやキズ、経年劣化から保護し、美しい状態を長く保つために非常に有効な手段です。なるべくお車の価値を落とさず長く乗り続けるために、すべてのお客様におすすめしています。

[cam'sのコーティング技術]

美しいコーティングには、高い下地処理の技術が不可欠です。ツヤのない荒れたボディをいくらコーティングしても、それは荒れた表面をコーティングの中に閉じ込めてしまうだけの話。ボディを徹底的に磨いて滑らかにした上で、その状態を保護してあげるのが、真のコーティングです。しかし、この下地磨きは長い経験と高い技術が必要とされる難易度の高い作業。 cam'sは高級輸入車の塗装・修理で30年の経験を持つ社長以下、塗装のエキスパートが新車以上のクオリティで下地を磨き上げ、コーティングします。ただのコーティングとは一味違う、光沢ある鏡面と、深みのあるボディ色がcam'sのコーティングの特徴です。

コーティングが仕上りましたら、そのボディをお客様御自身の手で触ってみてください。ぬめっとした、どこか暖かいような感触が伝わってくるはずです。これが、新車でも味わうことのできない、真に滑らかなボディの手触りです。

コーティングの工程   1.コンディションのチェック

実作業に入る前にお車の状態を入念に観察し、現状把握をいたします。具体的には、ウォータースポットの状況(現在は水性塗膜が多くスポットができやすい)や、塗装の厚みを計測する膜厚計を用いた修理痕跡の調査といったチェックを行います。これらの観察結果が、使用するコンパウンドの番手と下地の作業方法を決定する重要なポイントになります。

2.ボディ洗浄と不純物除去

次に、洗剤及びトラップネンドを用いて鉄粉、塗装ミスト、水垢などを取り除きます。わずかでもボディに汚れや不純物が残っていると、磨き込みの仕上がり精度にも影響を与える可能性がありますので、徹底的な洗浄が不可欠です。この作業は地味ですが非常に重要な工程です。

 
3.マスキング

ガラスや樹脂部分など、コーティングした部分はていねいにマスキングをして保護します。

 
4. 下地磨き

コーティング作業の80%が、このミガキ作業の良し悪しで決まります。つやのない凸凹な面を、どれだけ光沢のある鏡面状態にもっていけるか。これはコンパウンドの選択と道具、そして職人の技術にかかっています。クラフトマンでは、バフ目を出さないダブルアクションサンダー(価格は通常のサンダーの3倍)を導入。キズの目立ちやすい黒や、濃紺系色のボディーカラーでも、美しい鏡面状態に仕上げます。磨き込みは、ヘタをすると削りすぎて下地を出してしまう可能性もある難しい作業。弊社では塗装を知り尽くした塗装職人が行うため、当然仕上がり精度にも差が出ます。

5. キズ取り磨き

ボディにキズがついてしまっている場合、塗装の下地にまでは届いていない軽度のキズであれば、表面の削り込みによって消してしまうことが可能です。これは高い磨きの技術のなせる技。弊社オリジナルの方法ですので詳細はお見せ出来ませんが、キズの程度によっては塗装せず、磨きだけで対応できる場合があります。

6. 脱脂

磨きが終わったら、コーティング剤がよく馴染むよう薬剤を塗布してボディ全体を脱脂します。

 
7. コーティング剤塗布

クラフトマンでは、これまで何度も何度もコーティング剤のテストを重ねてきました。それは、なかなか耐久性能に納得できるコーティング剤に出会えなかったからです。そんな苦労の末たどり着いたコーティング剤は、2液タイプの主剤に硬化剤を加えるガラス硬化型薄膜タイプ。ガラス薄膜は厚く硬いため、耐久性は抜群。磨き込まれた肌と相まって、しっとりと光沢のある質感に仕上がります。

8. 仕上げ

コーティングが完了したら、窓ガラス、室内、ホイールの清掃と、タイヤワックスを施します。オーナー様には生まれ変わった姿を喜んでいただくためにも、全力で心を込めて仕上げ、お納めいたします。

8. 施工後

高性能ガラス透明被膜効果

・息を飲む深い艶・水弾き

・撥水効果で汚れ固着防止

・日頃のお手入れの手間を激減

日頃は最低1カ月に1回を目安にシャンプー洗車又は水洗い洗車を行っていただければ充分です。



 <料金表>  ※表示は税抜価格です

サービスメニュー

Audi A3
ゴルフワゴン
BMW I
VOLVO 40・50
MB A・Bクラス

Audi A6
BMW 5・3
VOLVO V70
MB C・Eクラス

MB G・R・Vクラス
BMW X5クラス
VOlVO XC90
ポルシェカイエン
レンジローバー

フェラーリ
ランボルギーニ
Audi R8
アストンマーチン
1
クリスタルコートタイプ II
※新車以外は、下地料金が発生する場合もございます。
新車¥51,000
新車¥66,000
新車¥90,000
新車¥110,000
それ以外
¥61,000
それ以外
¥80,000
それ以外
¥110,000
それ以外
¥130,000
下地割増¥18,000〜 下地割増¥20,000〜 下地割増¥25,000〜 下地割増¥40,000〜


コーティングの工程

年一回のメンテナンスにより、撥水パワーが完全に復元し、汚れの固着を防止します。
美しいボディを長く保つためにも、ぜひメンテナンスを受けてください。
 
●メンテナンスの手順
 
  ①洗車(塗装面の鉄粉他除去)
  ②ボディチェック(お車のダメージを診断)
  ③状態によってはミガキ作業
  ④メンテナンス剤施工
 
●メンテナンスの料金
 
  ¥20,000〜(税抜) 作業1泊2日